ワンルームの相場を調べて他県へ単身引っ越しをしよう

春になると新生活も始まります。

 

就職や、入学などで今まで実家暮らしをしていた人も引越しをして、春は単身一人暮らしを始める人も多い季節です。
他県など遠いところだと引っ越しの準備や手続き、転居先のこともわからないことも多いので、事前に事前に調べておきましょう。
まずは何処に住むかを選びます。
他県など遠いと下見に行くのはなかなか困難ですが、最低でも一回は実際に見てみましょう。
引っ越し先に知っている人が居ればその人に情報を聞くのもいいです。
ネット上にも街の治安や行政サービスやワンルームマンションの情報、食事ができるところスーパーやコンビニに近い場所も知れたり、聞くことも出来るので活用をしましょう。
駅に近い方がいいことが多いですが、その分家賃が高い場合が多いので、自分にあった場所や広さのマンションを選びましょう。
自分に合う街を選ぶことでその地域に根付き、安心した生活が出来るので念入りに調べましょう。

 

単身引っ越しでワンルームに引っ越す場合は費用はそれほど掛かりませんが、単身引っ越しをするといろいろお金がかかることが多いので、複数の引っ越し業者に見積もりを依頼するのがいいでしょう。
インターネットで相場などが調べられるので活用しましょう。
単身引っ越しは通常の引っ越しよりも格安で半額以下で引っ越しをすることができます。
引っ越しをする時にはなるべく荷物は少なくしましょう。
荷物が多いとそれだけで料金が多くかかることもあります。
引っ越し先で新しくものを買うのもいいです。
単身引っ越しは不安が多いですが、業者や知り合いに頼むことにより負担を下げることも出来ます。

単身引っ越しのための割安パックの落とし穴

単身引っ越しでよく使われるものが、割安パックです。しかし、この割安パックには落とし穴があります。それは、荷物を全て積めない場合です。割安であるということは、トラックなどが小さいという事です。そのため、見積もっていた以上の荷物があった場合、積み残しとなってしまうのです。
これは営業マンが来た時に、正直に答えなかったという場合もありますが、なかなか見積もりをするのも難しいです。単身引っ越しの場合は一人暮らしのため、少なく見積もられる可能性が高いのです。そのため、もし積み残しが出て別途運んでもらう時、追加料金は発生するのかという事をあらかじめ確認しておく必要があります。

 

もしも追加料金が発生するのなら、幾らぐらいかという事も聞いておきましょう。
書面に残してある方が確実です。

 

追加料金を払わずに運ぶ方法としては、宅急便を利用するという事があります。しかし、追加料金以上の金額がかかる可能性も考えられますし、その日中には到着しません。軽貨物のチャーター便を利用するという方法もあります。こちらは軽トラ一杯分程度であれば運んでくれますが、当然、料金はかかります。一番安上がりなのが、自家用車で自分で運ぶという方法です。しかし、単身引っ越しの場合は車も小さい可能性がありますし、また、もともと荷物を載せている可能性があります。そのため、少量しか運ぶ事が出来ないでしょう。

 

このように、単身引っ越しの割安パックを利用して、全て積めない場合は色々な対処法があります。しかし、まずはそのような事態にならないよう、荷物の量を把握し、営業マンが出した見積りが正しいのか自分自身でも確認することが大切です。